毎日生活の中で、ちょっした何かが得られる?

毎日生活の中で、シンプルながらも、ちょっした何かが得られる?
これってとても大事なことだと思うんですね。

本当にちょっとしたことでもいいわけです。
気づきが得られて、気づきを高められる。

それは、朝の散歩から始まることもあるでしょうし、

その散歩の途中で、周りの景色からちょっとした気づきがあるかもしれません。

例えば、家を増改築している家があったり、
また、散歩の途中で新築している家があるかもしれません。

その時、えっ、うちは増改築しなければいけないところはあっかな?とか。

今、外壁はかなりの年数が経ったから、そろそろ張り替えをしたり、
外壁の塗装がかなり年数が経って、剥げてきているとか、

屋根瓦がかなり年数が経っているから葺き替えをしなければならない年になったかなとか。

自身で色々気づくわけです。

そこで、何かに欠陥や補修、点検などがあった場合、メンテナンスが必要があったら、そこでまた家の持ちが良くなることにつながったりします。

これもちょっとした散歩から、景色を見て感じることがあったりするのは何かいいのですね。

もう必要なら、大工さんに頼むのか、それとも日曜大工で自分で補修することができることとか、

これまでやったことがなかったけど、新たにチャレンジしてみようかなど。

例えば、実際に家のリフォームをしようとすると、好きな人はこれはこれで結構楽しみになってくるのです。

この外壁が古くなったので良くするにはどうしていったらいいかとか、
ここを直すにはホームセンターで部品や道具を購入して自分でしたりできることなのかとか、ちょっと思いを巡らせてみることも。

いやいや、ここは大工さんのプロに任せなければ出来ないものだとか、
色々算段をしていくわけですね。

そうして、家を一軒見るだけでも、ちょっとした現場を通ることで、ふと気づきがあったりするのです。

もちろん、すでにリフォーム済みだったり、新築したてであれば、また見方も違ってくるでしょうし。

こうした日々の気づきとして取り上げた一品アラカルトをテーマにブログに綴っています。

毎日の、ちょっとしたこうした気づきの積み重ねが、気づきを高めることにもなり、またいいのかなと思っています。